第4話 <そんなお願い 第2章>

「おじゃまします……」

 前回、茜さんが漣の家に訪れてから3日後、学校帰りに再び漣の家を訪れていた。

 

「さあ、勉強しますか。

……何か元気がないように見えますが、大丈夫ですか?」

 漣は、茜さんを部屋へと案内して言った。

 

「体調は大丈夫なんだけど……。

この部屋に来ると前回の失態を思い出してしまうのと、今日のお願いがどんな内容か不安で……」

 茜さんはため息をつきながら答えた。

 

「前回の件は気にしなくていいんですよ?

とは言っても気にするでしょうから、そのために今日はお願いを聞いてもらうのですから」

「それはそうなんだけど……。どんなお願いか決まったの?」

 茜さんは漣を上目遣いで見ながら聞いた。

 

「ええ、決めました。簡単な内容だけど、少しエッチな内容でもいいという話だったので、

あそこの毛を剃って欲しいのです」

「あそこの毛?……剃る?」

 茜さんは言葉を認識できずに漣の言葉を反芻した。

 

「ええー!!!

毛を剃るなんて……全然、簡単じゃない!」

 意味を理解した茜さんは大きな声で叫んだ。

 

「そうですか?

クリームを塗って剃れば痛くないですし、すぐに終わりますよ?」

「いや、その……確かにそういう意味では簡単かもしれないけど……。

誰かに見られたら恥ずかしくてたまらないよ」

 

 茜さんの一般的な感想に対して漣は言う。

「特に週末に旅行に行く予定もないと言っていましたよね?

そうであれば、誰かに見られる前に毛はまた伸びますよ」

「で、でも……。

漣くんは何であそこの毛なんか剃ってほしいの?」

 

「茜さんの体ってスタイルも肌質も良くて、すごく綺麗だなって思うんですよね。

それこそずっと見ていられるくらい私は大好きなんですよ」

「だ、大好きなんだ……」

「ええ、大好きです。

ただ、個人的にはあそこの毛がない方がより美しいって思えるので、前回苦労してシーツを洗った代わりに何かお願いを聞いてもらえるなら、お願いしたいなと思ったわけです」

「確かに前回は迷惑をかけたとは思うけど……」

「個人差はありますが、速い人なら1週間くらいで元通りになると思いますよ。

ということは毛が無いのは一時的なものじゃないですか」

「一時的……」

 

 茜さんはしばらく考えていたが、こう言った。

「……わかったわ。

簡単なお願い、と言えるかは同意しかねるけど、前回はかなり迷惑をかけたし、今日は頑張るからこれでチャラってことにしましょう」

「ありがとうございます。……じゃあ、まずはしばらく勉強しますか?」

「いえ……気になって勉強は手がつかないから、先にやりましょう」

「分かりました」

 

 2人は浴室の前の脱衣所に移動した。

「じゃあ、これがカミソリで、これがクリームです。クリームをお湯でよく泡立ててから塗って、肌に傷をつけないようにゆっくりと剃ってください」

「……用意周到すぎない?」

「そんなことないですよ?

あ、今まで自分で剃ったことありますか?」

「無いわよ!普通無いから、そんな経験!」

 茜さんは顔に血が昇った様子で言う。

 

「んー、そうなると、少し難しいかもしれませんね。

せっかくの綺麗な肌に傷がついてもあれですし、私がやりましょうか?」

「いや、それは……」

「最終的には見せてもらいますよ?どうせ見られるなら、安全を取った方がいいのではないでしょうか?」

「……」

 茜さんは手に持ったカミソリを見ながら、自分で剃っている様子でも想像しているのか、考え込んでいる。

 そして、大きくため息をついてから言った。

「……お願いするわ」

 

次の話へ

前の話へ

タイトルとURLをコピーしました